キーンKEEN りあえず辛くて辛くて消えたいけど友達忘れ

キーンKEEN りあえず辛くて辛くて消えたいけど友達忘れ。突然すみません。生きる希望意味分かりません
死たいで今沢山未遂てき
本当、大学生1回生の歳
で行くこできません 4回オペ
飛び降り自殺未遂2回中 学生の時5月29日前回、骨盤骨折で歩くこ出来、今回、車椅子生活 言いきられていて
精神科移され元々解離性障害鬱PTSD
小学生の頃世いるこ疲れてい
人格でありませんで気持ち2つ 1人必死生きている自分でう1人ういなくなりたい自分 必死生きている自分、出来なくて、いつう1人自殺の未遂起こます で拘束や、隔離されるので辛い 自業自得か自分のせいか言われたらすごく傷つきます で看護師、笑って言ってきます 最近、悪夢ばかり見てなかなか眠れない時

毎日 自殺の歌 ミク
聞いて、最初印象良くないかれません最後の助けて欲いころ共感て

親癌 ステージ3抗ん剤て
親1人で親いなくなったらどうて行けばいいのでょうか 小さい頃でてくれ

りあえず辛くて辛くて消えたいけど友達忘れられなくて、未遂する時いつ声出て友達の名前呼び、ごめんね言
今出会って来た人ほん人のこ警戒てい
友達、6人充分な大切な友達で、
いなくなりたいの思い出すいつ失敗ます
そてオペや、隔離拘束ばかりの生活でた

人生、の意味あるのか
看護師なりたかったでう、足 立てません
腰破裂骨折 右足折れ

生きていてょうない思

今主治医カロリー制限なさい
自分で車椅子ベッドの移乗できません
身長170の64 5 で痩せろ言われます
食べたくありません昔、拒食症でた復活てきたの周りのみん言われます
だ食べない看護師さんつこく食べろ言われます で太るの怖い
食べたら吐きたくなるので吐いてってていたら
人生の意味本当分かりません
鬱で食べられていない
生きたくないのなぜ
食べないいけない って思

生きるアドバイス下さい友達に「消えたい」と言われたら。もし友だちから「消えてしまいたい」と打ち明けられたら。あなたはどうします
か――。中学校などで。そんな「心の危機」への対処法を学ぶ「いのちの学習」
に取り組んでいる人がいます。悩みに気づき。寄り添うこと…

「子供を殺してください」という親たち。この漫画の誇張された精神疾患者に「家族に性的虐待された」虚言を言うと描写
していますが。本当に事実である場合がございます。 悪し様に「病気になった人
が居る」で描写するのではなく。その人が「なぜ」「どうして」っみんなのつぶやき。通知表とか。テストの結果とかみせて悪くないのに親は親の理想を子供に
押し付けてくる自由に生きたい。自分の人生なんだから。 それにそんなやつもう
でてけよ要らないわとか…じゃなんで産んだの。もっと優秀で理想の人を産めば
よかった2004年05月分の保管室。大切な人を守りたいと祈ったあの日/君の心の隅っこにしまってて/いつか自信
を持っ私も中学1年から2年の時。友達と待ちあわせてました。あの日の
言葉の意味に/僕はまだ気付かないでいる/いつになったら君の言葉に気付く
何があるか分からない人生ですが。生きている限り絶望はあり得ないという思い

意味が分かると怖い話とは。しかし隠れた意味に気づいた?知っている人にとってはものすごく怖いコピペに
変わる。 文章の中に答えとなるヒントが隠されているので。少し考えれば分かる
問題が多い。メッセージ一覧。分間に人の死。年間に万人の死。これは。日本で。自ら命を絶つ人の数
です。「自殺」は。私たちのすぐ近くにある社会問題です。なのに。これまで語
られる機会は少なく。実態もわからないままでした。一人ひとりが自分らしく
生きご自由に書き込んでください③。「生まれてきてくれてありがとう」「生きていてくれるだけでお母さんは嬉しい
よ」―息子の耳にタコができるほど。何度も息子に言ってやればよかったのに。
後悔の思い。自責の念は。本当に辛いですね。 生きる意味とは???私もずっと

キーンKEEN。推せる時?が来ないまま推しがアイドルを卒業する話検索をかけて画像を保存し
て名前を知って。完全自分用にまとめツイートを増員も減員も考えられない?
!じゃなくても。アイドルじゃなくても。私は 宮世琉弥 。あなたが大好き
ほん怖入った日にのお友達と?じゅりちゃん彼氏とほん怖を見たら?の妄想で

突然すみません。私ごとですが私の経験を踏まえてのアドバイスしか出来ませんがもし良ければお付き合いください。私は0歳の時から心肺停止状態で生まれ2歳の時に水頭症など今までに命の危険を何度も味わってきました。オペは現在19歳ですが20回以上はしてます。みんなが遊んでいるのに私だけ入院生活。とても辛かったです。また中学時代にはいじめにあいました。ゴミ箱やトイレに顔をつけられたり、死ねや消えろの暴言や殴られるのは日常茶飯事。お墓ごっこというのもありました。今となれば笑い話ですが当時の私は自殺を何度も考えました。本当に辛かったです。また私には母親がいません。小さい頃育児放棄をされました。それでも今生きてます、大切なのは今を少しでも生きることです。1秒1秒大切なあなたの鼓動を鳴らし続けることが大切です。ゆっくりでいい一歩ずつ自分らしく生きることです。食事も自分が無理の範囲でとれればいいと思います。突然私ごとで本当にすみません。あなたが生きれば救われる人は多くいます。こんにちは辛いですねがんばって生きてきましたね痛かったでしょうなぜ生きるの?何のために存在してるの?お答えします見てみてください生きる生きる意味聖書の希望は本当に信じられるものです一度ボランティアから学んでみてください生きる希望になりますからp^-^q人生の目的は苦難を克服しながら幸福になることです。「本当に大変なことがたくさんあるが、自分の人生は本当に良いものだ、一日でも長く生きて幸福を満喫したい」という実感を何があっても揺らがないように確立するためにあるのです。必ずあなたが自分を傷つけてしまいたいと思い、行動してしまうには原因があります。その原因を少しずつでも学びながら突き止めて解消していくのです。そうすれば必ず生きていること自体が楽しい、充実しているという心の健康を確立することができます。そのためには無理のない範囲でですが、徹底して学ぶのです。学ぶことで自分自身んを人間的に成長させていけば、不幸に引っ張られないようになっていくのです。学べば学ぶほど幸福になっていきます。具体的にはまずは『希望対話』『青春対話1』『青春対話2』という本がありますから、それらをすぐに購入し、無理のない範囲で読んでみてください。生きる意味なんて、探さないと見つかりません。それは、一人一人別のものです。行動範囲の狭い学生のうちに、早々に発見出来るなんて稀でしょう。ずっと見つからず、惰性で生きている人もいます。色んな場所を、色んな世界を動き回っているうちに、突然、出会うものです。その時、あれ?自分の中に、こんな感情があったんだ.と驚かされるのです。世の中に悲観して閉じこもっていたら、そりゃ、なんも見つからないでしょう。誰かがあなたを探して、差し出してくれるものではないのですから。解離性障害と鬱は相反します。恐怖を抑え込むのではなく、心から感情を取り外して横に置くのが解離。ゆえに、完全形の解離を発動すれば、鬱になることはありません。解離が中途半端なことがあなたの悲劇。中途半端だと、解離と鬱を併発します。完全系の解離を発動すれば、理解できます。感情や肉体や知性や人格は、取り外し可能な付属物に過ぎないと。それらを取り外してなお、物事を思考する自分がある。心は分解可能なのです。感情のボリュームを上げれば何でも悲観的に捉えるようになり、下げれば無駄に楽観的になります。感情というフィルターを通してでは、自分の本心すら分からなくなります。「死にたい」「楽しくない」その考えは、鬱状態にある感情のフィルターを通してしまった出力結果。全て歪められて出てきます。嘘だと思いますか? なら専門書を読んでみましょう。人間の脳は、実にコンピューター的なのです。「あなたにとって幸福とは何ですか」という問いに対しての答えは、千差万別だと思います。ただ、共通しているのは、「欲しいものを手に入れたい」ということと、「不快なものを遠ざけたい」ということの2点に尽きるのではないでしょうか。しかしながら、幸も不幸もちょうど天気のように移ろいやすく、幸福が得られたと思えばそれを失う不安に悩み、不幸が去ったと思えばまた別の難題に苦しんだりすることも、しばしばあります。また、お金を得れば幸福と思い、お金を得て幸福になったと思っても、次にまたより大きなお金が欲しいと悩み苦しむことも、よくある姿です。幸福は一時的なものになりがちであり、過度に欲しがることがそもそも不幸につながる、というのが多くの人にとっての現実ではないでしょうか。一方、仏法で説かれる幸福は、永続的、絶対的な幸福です。裏を返せば、仏法の道理にかなわない幸福は、壊れやすく、移ろいやすいものです。また、不幸が訪れないか、幸福が失われないかという不安が付きまといます。本当の仏法に従って生きれば、なにものにも揺るがせられない安心立命の境地を得ることができます。これが仏様の教えの最終目的なのです。仏教では、過去?現在?未来の「三世さんぜ」をひとまとまりにして考えます。日蓮大聖人は、「今不幸なら、その原因は過去にある。未来に幸せになりたいなら、今その因を積みなさい」とお説きになっています。つまり、幸も不幸も偶然起きているのではなく、その現れには、必ず過去にその原因があるという、「因果の法則」を一貫して説くのが、真の仏様の教えです。「過去」とは、私たちの記憶にない、私たちが生まれいずる前の「過去世今の人生よりも前の人生」までが含まれます。私たち凡人には、そんなころのことはまったくわかりませんが、日蓮大聖人は、「法華経を信じる人は冬のようなものです。冬は必ず春になります」と、誰にでもわかるように、「今正しい信仰をすれば、過去の悪因は消えて不幸がなくなり、未来に必ず幸福が来る」ということを教えてくださったのです。誰にでも簡単に実践できる正しい信仰の習慣は、不幸の因を消すので不幸が消え、幸福の因を積むので必ず幸福になるという、誠に簡明な道理なのです。古来より、私たちの社会にはさまざまの信仰が見受けられます。人それぞれが良いと思う信仰をすればいい、という考えもありますが、仏様は、そういう考えが不幸の原因になっている、と明確にお説きになっています。宗教は役に立たない、いかがわしいという考えをする人も少なくないようですが、それももっともな話です。なぜなら、ほとんどすべての宗教は、誤りや不完全さを含んでいて、私たちを本当の幸せには導いてくれないからです。身近な占い師などに相談する人もあるようですが、占い師自身も、「私の占いは必ず当たります」とは言いません。つまり不完全であることを知っているのです。詐欺的ではない代わりに、結局信頼はできないわけです。宇宙の根本法則とは唯一であり、 日蓮大聖人の教えこそ、その「唯一の法則」なのです。日蓮大聖人の教えは、過去から現在に至るまで、その矛盾や誤りが一つも現れていない、唯一完全な教えです。そして、教義どおりの現証実際に起きること、感じられることが現れるのです。ほとんどの宗教が人々を幸せにできていないのは、宇宙の根本法則から、たとえわずかでも外れた部分を持っているからなのです。実は、私たちの本当の幸福とは、私たちの生命の進化、成長に基づくものです。生命に下支えされた私たちの”環境”は、その生命の状態の反映であると、仏様はお説きになっています。「環境」とは、人間関係、仕事、性格、能力、収入、病気、悪い習慣や癖など、私たちの生命から来るものすべてを指します。私たちの生命を、根源的に変えてくださるのが「御本尊」です。日蓮正宗の正しい御本尊に向かうことで、私たちの生命に、仏様の生命が感応して、私たちの生命は徐々に仏様に似ていく道理なのです。そうして得られる生命の進化というものは、すべからく私たちの人生をも変えてくれます。つまり、すべての環境は私たちの生命の影なので、影の形を変えたければ、生命を正せば嫌でも良く変わってしまうのです。良い仕事がないお金が足りない病気に悩んでいる家族などの人間関係に悩んでいる自分の性格を変えたい等々のすべての悩みは、日蓮正宗の信仰で、誰もが必ず乗り越えることができます。もちろん、あなたも例外ではありません。御本尊様によって、不幸の因が消えていきますから不幸も消える道理でもあります。不幸の因を消す因は、同時に幸福をもたらす因でもあるので、私たちの幸福は磐石の、永続するものになります。これが、うつろわない、まぐれでない、本当の意味での幸福です。生きている意味を理解すれば良いのではないかと思います。人間には輪廻転生と言う事が起こっていて魂は絶対的な成長と進化の過程を生きています魂だけの天国に居た時に色んな事を考えて生まれてくる前に宿題のような物を持って生まれて来ています。何歳ころにはこんな宿題???何歳になればこんな宿題???と人生経験の中で色んな事を学べるように沢山の宿題を作って来ています。宿題を作っている理由は自分が成長する為に必要な事だからと言う理由だけです。魂は絶対的な成長過程の中で成長を続けていますただし、学ぶスピードは自由意思で決めています自分の魂を成長させないと次に進めないと言う事で宿題は作られています。そして、この成長は絶対的な摂理で何かを残しては次に進めないようにもなっています。宿題の飛ばしやエスケープは無いのです。宿題ですから楽では無いです。簡単でも無いです。辛い事が多いですね。宿題の中には前世で、自分の撒いた種もあります。自分の蒔いた種は全部、自分で刈り取る事で自分の責任で自分の魂を成長させているんですよ!遠い将来ですが貴方は高級霊と言う存在にまで成長して宿題も無くなり転生の必要も無くなりますよ。このたゆまない成長過程は全員、永遠と言われる時間続いています。人間に生きる意味がなくて当たり前それをさも不思議みたいな言い方されても、だったら人類全員死ぬべきってことになる良かったら、『[完全版]生きがいの創造 スピリチュアルな科学研究から読み解く人生のしくみ』という本を読んでみて欲しい。ほとんどの人は、生命は死ねば終わりだと利己的に無根拠に考えている。だから死にたくなる。人生の意味がわからなくなる。でも生命は死んでも永遠に続いてゆくのだと信じるなら、苦しいからといって死んでも意味はないことがわかる。何度死のうが生きてゆかねばならないからだ。何故、生きたくないのか?それは自分のことばかり考えているからだ。自分を棄て、苦しんでいる他者に目を向けるならば、どうにか生きる時間のある限り他者を救いたいと願えるはずだ。そして生きることとは、過去の罪の清算のためでも在る。君は過去にたくさんの命を殺してきた。その一つが肉食だ。何故、たくさんの命を殺してきておきながら死ねば楽になるなどと虫の良い考えをする?それは叶わない。人間は身勝手に生きてただ消滅するだけにこの星に生まれてくるわけじゃない。ちゃんと意味があるんだ。一つは愛を学ぶため。人間はより苦しい経験をするほど、深い愛を知ることができる。深い愛こそが生命の深い喜びだ。だが苦しみを知らないのであれば他者の苦しみもわからず、他者を苦しめ続け、殺し続け、虚しく死んでゆかねばならない。もう一つは自分の殺してきた存在を自分を犠牲にして救うためだ。その為にも、うんと苦しまねばならない。魂は成長するほど、より苦しい経験を自ら望む。浅い苦しみはすでに経験してきたからだ。でも自分で選んだ苦しみから逃げるために死ぬのなら、また一からの遣り直しだ。今の苦しみから解放される場所まで後もう少しだったのに、君は途中で諦めたため君は必ず全く同じ苦しみをまたも最初から経験しなくてはならない。これまでの苦しみを振り返って、よく考えて欲しい。今諦めて、また同じ苦しみを最初から経験する人生に生まれ変わるのか、それとも後もう少し耐え抜いて、苦しみから解放された後には深い喜びを感じながら生きてゆくのか。これからは他者を救うためにはどうすればいいか?それだけを考えて生きてほしい。自分に執着する者利己的な者は、自分の苦しみから解き放たれることもない。動物は生きる意味なんてない考えないよね。人間にも本当は生きる意味なんてないんだよ。だけど、絶望のど真ん中にいると「なんでこんな日々なのか」なんて生きることに意味を持たせたがるんだよね。車椅子生活になってしまっても、残された能力はたくさんある。そのほとんどが人間として生きるのにとても役立つものばかりだよ。両手がある、目が見える、匂いも感じる。喋ることもできる。ネットにアクセスできる。何かについて考えることもできる。抗いようがない現実はそのまんま受け入れないとだめ。人の力でどうにもならないんだから。これから生きる時間がいっぱいあると考えたら辛いでしょ?だから今日のことしか考えない。今日は何かできるだろうか?まずは顔を洗うか…ってひとつひとつ些細なことでもいいから、やるんだよ。先のことを考えるほど、あなたは今を生きてないでしょ。今を生きてない人は将来のことを考えても間違いばっかだから。生きる希望だとか絶望だとかいったものは、人間の予測を遥かに超えたところにあるんだよ。どうやったら希望がくるか、絶望を避けることができるか。いくら考えても分からないよ。私の脳じゃね。生きる意味や希望も、突然見つかるんだよ。でも、人間はみんな一人一人が特別な存在ですごいやつなんだと思うな。私にはある才能があったとしても、他の分野では私より優れている人はいっぱいいる。そしてその人にどれだけの才能があって、どれだけ優れてるか、この問いに対する答えは存在しても、人間が見つけ出すことはできない。人間は完全な生き物ではないからだ。どうしたら希望が見つかるか。ある日突然自分が一生をかけてやりたいと思うものに突然出会う。そのとき、自分の才能に気づく。その瞬間から、死にたいという気持ちが消える。ほんの少し希望が見えるようになる。今更生きるアドバイスなんて聞かれても。取り敢えず、人生は惰性。なにもかもうまくいくなら 生きてる意味はない . 簡単なことなんて何もない それが生きるとゆうこと「灼熱の屋上」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です