世界宗教者平和会議日本委員会 宗教のため人間あるいう本末

世界宗教者平和会議日本委員会 宗教のため人間あるいう本末。熱原の法難につきまして「法華の信仰を捨て、念仏を称となえよ」と過酷に責め立てられても、神四郎等は御題目を唱え続け、声が途切れることはありませんでした。法華経のため自分の命捨てるこ、
「宗教のため人間ある」いう本末転倒の
間違った姿である断定て問題ない思か 独自哲学[人間の良心と宗教について]。宗教でいう『神』と。善悪の観念が生まれた訳 では。人間社会における善悪の
観念である『モラル』とは何であろうか。 何の必要があるのだろうか。 『モラル
』とは。理念としては『人間の集団社会維持のためのルール』に他ならない
。優秀賞。リストとなんの関係があると言うのか?」という問いかけをやめませんでした。
本来。人々の暮らしをよくする為のものであった宗教を巡って。自説を固持して
口論を始 め。果ては殴り合いを始めては。本末転倒で。滑稽ですらあります。

誤用も多い「本末転倒」の意味と使い方。鎌倉時代。今まで天皇や貴族のためにあった宗教が広く武家や庶民のための宗教
に様変わりしていきます。このように元々。根本である本山と。枝葉末節で
ある末寺の立場が逆転転倒したことが「本末転倒」の語源と世界宗教者平和会議日本委員会。さまざまな文化や伝統を背後にもちながら我々は緊急な共通の関心事たる「人間
の尊厳と世界平和を求めて-宗教のとはいうものの。我々を力づけてくれるの
は。現下の世界状勢にまつわる危険と損失に対する自覚が広がり。多く今こそ
平和を作りだすための新たな戦略と優先的対策を模索し。我々の責務に対する
新たな献身を誓うべきときである。トンの爆発物があるが。十分な食糧はない
といった。そうした世界の本末転倒を黙って許すわけには行かない。

『対談』。宗教学者?正木晃氏と駒澤大学名誉教授?佐々木宏幹氏が現代仏教の今を斬る!
競争。競争で人と人とのつながりが完全に崩壊してしまい。人間関係が
ズタズタになってしまったのです。総括的に言うならば。仏教自体が戦前から
戦後へとどういうふうに生まれ変わるか。再興するかという理念や教義を
作り出しもともと個人のためにあるので。全体として戦争をやろうよといった
ところで。まぁそれはそれぞれの判断に任せま司会それでは本末転倒に
なってしまいますね。確認の際によく指摘される項目。宗教というものを考えさせられる 日本を悪く言うためのプロパガンダと言う意見
があるが。自分はまったく逆に思えた本作に対して”イエスは聖人であり奇跡を
起こす神聖な存在”としてとらえている教会は。この人間イエスという解釈を

本末転倒ほんまつてんとうの意味?使い方。本末転倒ほんまつてんとうの意味?使い方。物事の根本的なことと。そうでない
こととを取り違えること。▽「本末」は根本的なことと枝葉のこと。「転倒」は
ひっくり返すこと。「転」は「顛」とも書く。

熱原の法難につきまして「法華の信仰を捨て、念仏を称となえよ」と過酷に責め立てられても、神四郎等は御題目を唱え続け、声が途切れることはありませんでした。これに逆上した左衛門尉は、十月十五日夕刻、中心者と目される神四郎、弥五郎、弥六郎の首をはねました。この法難のさなか、時の至れることを観ぜられた大聖人は弘安二年十月十二日、三大秘法総在の本門戒壇の大御本尊様を建立されました。大聖人様は、神四郎、弥五郎、弥六郎が妙法に殉じたことは、まったくただごとではないと仰せられ、この法難は雪山童子、尸毘王等と同様、十羅刹女が平左衛門尉の身に入って法華経の行者を試したものか、あるいは悪鬼が平左衛門尉に入ったのかと、その理由を示されています。次いで大聖人様は、これこそ諸仏?諸天が〝末法の法華経の行者を守護する?との誓いを果たしている相であると御教示され、あわせて「毒を変じて薬と為す」とは、まさにこのことであると述べられ、直ちに賞罰の結果が現れるであろうと断じられています。また、伯耆房日興上人に対し、これらを心得て先に準備した『滝泉寺申状』をもって問注を遂げ「日蓮を文永八年に迫害した災いも終わっていないのに、重ねて十羅刹女の罰を招こうとするのか」と平左衛門尉に申しなさいと大聖人様は御指南され、一度筆を置かれています。追伸として大聖人様は、それを述べれば世間にも、こちらに過ちがないこと、大進房の落馬が現罰であることが判ると述べられ、人々は現罰を恐れるものであるから、大進房の落馬は天の計らいにほかならないとされています。さらに日興上人、日秀師、日弁師に対して「恐れてはならない。心を強くもっていけば、必ず事の次第が明らかになる」と激励され、今度の使者に淡路房を遣つかわすことを約せられて、お手紙を結ばれています。大聖人様は、四ヵ度の大難と数知れない小難を乗り越え、御本仏の境界を示されました。また、弟子檀那たちにも折にふれ、正法を行ずるならば必ず難に値うことを、大聖人様は教えられていたのです。ところがそのお弟子たちの中にさえ、実際にその身に難が降りかかってくると怖じ、恐それ、退転していった者がいました。そこに熱原の僧俗が、特に一文不通の、しかも入信してわずか一年前後という農民信徒が、大聖人様の修行に続く、命を捨てて法華経を信じ切るという信力?行力を示したのです。これは大聖人様の仏法の根幹にふれる出来事でした。だからこそ、熱原信徒処刑の急報を受けてすぐさま認められた聖人等御返事に、「偏に只事に非ず」とわざわざ大聖人様が念記されているのです。また三烈士の処刑をもって、諸仏?諸天の加護がなかったかのように考えるのは皮相的な見解にすぎません。神四郎等は妙法に殉ずることによって、それぞれの人生を真に価値あるものへと昇華し、即座に、未来永遠にわたる最高の境界である仏の境界を、そこに獲得したのです。それは、本抄の「釈迦?多宝?十方の諸仏?梵帝等、五五百歳の法華経の行者を守護すべきの御誓ひは是なり。大論に云はく『能く毒を変じて薬と為す』と。天台云はく『毒を変じて薬と為す』云云」との、大聖人様の御言葉に明らかです。また大聖人様が、三烈士を処刑した平左衛門が必ず現罰を受けることを、本人にはっきりと申し渡すように日興上人に指示されたのは、邪義に対して毅然とした態度で望むならば、そこにおのずと物事の真相が明確になり、しかも厳然とした現証もそこに現れることを教えられているのです。当時多くの僧俗が逃げて行ったり退転されたなかで、三烈士は自らの意志で命懸けで信仰を貫いたことになります。入信してわずか一年前後であるにもかかわらず三烈士の皆さんの境界は既に不退転の域に到達していたと私は鑑みます。これは質問にあります「宗教のために人間がある」とは矛盾したことになります。人間のためにあったから、不退転かつ仏の境界まで到達できたのです。もし宗教ありきであるならば、それはただの観念でしかなく、逆に三烈士の皆さんは少なくとも退転していたことでしょう。または命乞していたかもしれません。入信すらしていなかったかもしれません。質問者さんが質問で本末転倒だと断定しようとしていることが、ただの自己観念からの憶測ではないかよく考えなおされてみてください。創価学会の会員です。あなたの言っていることは、全くの誤解ですね。恐らく、日蓮大聖人御書の、「法華経のゆへに命をすてよ」との「上野殿御返事」の一節のことをあなたは言っているのだと思いますが、言葉尻を捕らえただけの表面的な理解でしかありません。この御文の前に、「願くは我が弟子等ら?大願ををこせ、……とにかくに死は一定いちじょうなり」とあります。人間というものは、どう生きても、いずれは死を免れることはできません。であるならば、その命を何のために使うべきなのか。どう生きるべきなのか。大聖人の仰せは、そのような問題提起なのです。「法華経のゆへに命をすてよ」というこの御文を、文字通り解釈すべきではありません。この直後に「つゆ露を大海にあつらへ?ちり塵を大地にうづ埋むとをもへ」とあるとおり、我々は宇宙の中にある存在としては、草の上の露や塵のように儚い、ちっぽけな存在といえます。しかし、露が大海に交わり、塵が大地にうずまるように、法華経、すなわち南無妙法蓮華経のために広宣流布に励むなどの大願に生きることで、南無妙法蓮華経という大法と我々の生命は一体となり、成仏することができる。それが大聖人の仰せにならんとしているところなのです。「『広宣流布の大願』と『仏界の生命』とは一体です。だからこそ――この誓いに抜く時、人は最も尊く、最も強く、最も大きくなれる。この誓いを貫く時、仏の勇気、仏の智慧、仏の慈悲が限りなく湧き出でてくる。この誓いに徹し切る時、どんな悩みも変毒為薬し、宿命をも使命へと転じていける」と、創価学会の指導者である池田先生も語られています。「法華経のゆへに命をすてよ」とは、「法華経南無妙法蓮華経のために、大切な命を使っていきなさい」ということなのです。仏法というものは「宇宙に働く全ての法則を利用して、人間として永遠に幸福な生死を繰り返す『成仏』得る方法」と聞いています。例えばある高層ビルの屋上にいる人間が何かの理由で下に落ちた場合、?自分の意思であるいは不注意で落ちたか?他人に突き飛ばされたか?強風などで飛ばされてしまったか?頭が良いか悪いか?容貌が良いか悪いか?お金があるか無いか?地位があるか無いか?男か女か?年老いてるか若いか?病弱か健康かなど、どんな理由があろうともいかなる人間であろうとも重力が働いているので地面に落ちます。法則の前では人間の都合は全く通用しないのです。人間の方が法則に合わせなくてはならないのです。御金言というものに「法は重し、命は軽し」というものがあるそうですが、「過去の自分の悪業で受けている報いならば、命そのものを法則を知り尽くした仏様に預けて成仏が叶えば本望である。」という意味合いではないでしょうか?まず初めに宗教に対して無知であるにも関わらず知ったげにモノを言う事をお許しください。法華経の為に自分の命を捨てたのではなく、法華経を知る事で救われたかも知れない後の世の人の為に命を賭したという考えは駄目でしょうか?それって、極端な偏向性ですよ。捉え方の誤りです。人間、民衆の為に宗教は存在する。しかし、法華経の行者は、大難に遭遇し、非難?中傷される。その苦難を乗り越えながら、より強い自分、人格を磨くのですし、一生成仏が有るのです。煩悩即菩提、生死即涅槃=表裏一体なのです。

  • 親なんか死ね だから親が浮気した話など聞きたくないのにそ
  • 2019/06/19 仕事は真面目に取り組んでいましたが
  • 倫敦だより1 ハガキを出しに行こうとして玄関出たらたまた
  • PRODUCE JO1がデビューから今まで出てきた雑誌の
  • 『詳しい方 詳しい方アドバイス宜しくお願いします
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です