木質ペレットの燃料としての特性 セルロース分の燃焼よる高

木質ペレットの燃料としての特性 セルロース分の燃焼よる高。まず木質バイオマス1㎏の発熱量を求めます。木質バイオマスの発熱量計算
(セルロースのみで水分含量40%,高発熱量19 5MJ/Kg,空気比1 4で燃焼) セルロース分の燃焼よる高発熱量木質バイオマスの水分量、セルロースの燃焼でのH2O量の合計の水分の蒸発潜熱除いたの木質バイオマスの低発熱量なる
木質バイオマス1㎏水分量0 4㎏で水分除いたセルロース量反応式C6H10O5+6O2=6CO2+5H2Oセルロースの燃焼で発生するH2O量求められ、水の蒸発潜熱2 44MJ/㎏乗じるこで水分全体の蒸発潜熱求められ、木質バイオマスの低発熱量9 91MJ/㎏求められる
①セルロースの燃焼で発生するH2O量
②木質バイオマスの低発熱量のの導き方お願います

よろくお願いいたます解説。木質チップは製造が容易で。形状が比較的一定した小片であることから。燃焼
機器への自動供給や熱量調節が比較的容易に行えるサーマル用として特に規定
している内容は湿量基準含水率水分<%のみで。需要者は?のチップ
品質区分の中から適当なもの一般に6%から生成する水および本来含まれて
いる水の蒸発に使われる蒸発潜熱凝縮潜熱に等しいを高位発熱量から
差し引いた

木質ペレットの燃料としての特性。燃料の発熱量には。燃焼によって発生した総熱量を意味する高位発熱量と。
それから水分蒸発に要した熱量水蒸気の凝縮潜熱×水分量を差し引いた低位
発熱量とがあります。実用的に重要なのは。熱として実際に利用できる低位発熱
量です。

まず木質バイオマス1㎏の発熱量を求めます。C6H10O5+6O2=6CO2+5H2Oこの反応式より、セルロース1molは162g、燃焼して水90gが発生します。木質バイオマス1kgにセルロースは0.6kg含まれるので、これはmolでは下記になります。600/162=3.7発生する水は、90×3.7=333g①の答えは、333gセルロースの高発熱量は下記で求められます。19.5×0.6=11.7低発熱量は高発熱量から水分全体の蒸発潜熱を引いた値になります。水分全体の蒸発潜熱は下記で求められます。2.44×0.333+0.4=1.79従って、低発熱量は下記です。11.7-1.79=9.91②の答えは、9.91MJ/㎏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です