例えばの話音大出ていれば専門の教育受けた故どんな方で演奏

例えばの話音大出ていれば専門の教育受けた故どんな方で演奏。趣味の対局は何かと言えば「労働」ですね。ピアノ演奏関、?趣味の域?ついて論じて下さでょうか
例えばの話、音大出ていれば、専門の教育受けた故、どんな方で、演奏、趣味の域超えているのでょ うか

趣味の対局は何かと言えば「労働」ですね。つまりピアノを演奏する労働に従事していない状態を趣味と言えます。演奏の対価として金品を受けていても、それが生活の糧になるのではなければ労働とは言えません。音大に行く、あるいは著名な指導者に師事するというのは趣味かどうかを判別する要素ではないといえますし、そもそも音大に進学自体が極めて趣味性の高いもの道楽の極みですので、少なくともプロ活動していない音大生はみな趣味人と呼んで差し支えないです。そうですね笑私はチェロをひきますがチェロを弾くと爽快な気持ちになりますこの間日蓮宗の若者が勧誘に来ましたがアパートでお経を唱えると彼は言いましたすると私が 気分がスッキリするでしょうと言ったらどうしてわかるんですかと問い返されました笑趣味の域とは要するにプロではなく自らの楽しみとして弾くことをいいますすると大半の人が趣味の域ということになりますがやがてやめていく人とそのまま続けていく人がいるのはどうしてでしょう 続ける人が趣味の域としてこの続ける期間は一年では短すぎます少なくとも三年間は必要ですそして入試などでやめてしまった人が合格で再開する場合も趣味の域としてよいでしょう下手かどうかは問題になりませんが実際問題としてあまりに下手な場合は精神の障害として精神医学の問題となります趣味の域というのが技術のことを指しているのなら、その考え方が違う。技術と趣味は別物。何を上手いとするのか、どんな演奏が素敵だと感じるのか、その基準は人によって違う。プロだろうがアマだろうが、趣味だろうが仕事だろうが、どれだけ多くの人に良い評価をいただけるかどうか。上手い下手なんて、そんな曖昧なもんなのです。趣味の域かどうかは、それは演奏に対する取り組みの姿勢の問題ではないでしょうか。音大に行って、勉強しても、仕事は全く違うことを仕事にして、自分で好きなときに好きなように弾いていれば、それは自分の楽しみのために弾いている「趣味」です。得意ではない曲でも何でも、観客を喜ばせようと仕上げられるなら、それは趣味の域というよりも「仕事」「プロ」です。たとえ音大に行ってなかったとしてもね。専門教育を受けていても、お気楽なアマチュアとして、他の仕事をしながらピアノを楽しんでいる知恵袋などに出入りしているのが通りますよ。学歴、師事歴、コンクール入賞歴にかかわらず、また収入の多寡にかかわらず、演奏したいときに、演奏したい曲を演奏していい立場にあるのが「趣味の域」、どんなに演奏したくなくても、演奏したくない曲であっても、演奏しなくてはならない立場にあれば「趣味の域」を超えていると思います。音大芸大出身者で、音楽を仕事にしていなければ、音楽を趣味として楽しむ人もいるでしょうね。音楽を仕事にしている人でも、専門以外の分野なら趣味として楽しむこともある。例えばクラシック音楽が専門だけどジャズを聴くのが好き、とか。演奏については、専門教育を受けているがために、そうやすやすと演奏する訳にはいかないです。とくに人様の前で演奏するとなれば、しっかり準備して、恥ずかしくない演奏を用意しなくちゃいけないです。それができなければ演奏しないと思う。趣味の域は、また意味合いが違ってきます。趣味の域でも素晴らしい演奏をする人がいます。音大芸大を出てなくても素晴らしい演奏をする人はたくさんいるでしょう。このレベルの人が人前で演奏するとなれば、しっかり準備して、恥ずかしくない演奏を用意してくるでしょうね。それができなければ演奏しないと思う。

  • 新型コロナ: 新型コロナ現金給付10万円は
  • 癒しの数字 数字に学のある方是非教えてく下さい
  • 乃木坂46 乃木坂の鈴木絢音さんと寺田蘭世さんはどちらの
  • ?Tinder SNSで若い子と知り合うケース沢山ありま
  • ネイティブがよく使う 他にこの様な方はいないので今後遠慮
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です